09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

riisyuka

Author:riisyuka
riisyukaです。
ゆっくりしていってね!

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

【 ”おませな”猫さんの小物入れ♪ オーダー制作/納品しました〜! 】

2015.03.14 23:22|ガラス制作日記♪
こんばんは riisyuka です。

今日も頑張っていたオーダー制作のご報告をさせていただきますね!

オーダーのご依頼主さまは、以前の勤務先の後輩Tさんです。
以前アトリエに遊びに来てくださった時に、
こちらの「ごきげんナナメ皿」を見て、オーダー下さったものです。
↓この作品のブログ掲載記事デス
http://riisyuka.blog.fc2.com/blog-entry-22.html
_MG_0365_convert_20130311234349.jpg

なんて嬉しいご相談っつ!!もちろん、ガンバらせていただきます!!
 Tさんのご希望は、、、
  ・猫さんを飼っている女性への贈り物のオーダー
  ・用途は小物入れ
  ・お色味は、ポップな感じよりは落ち着いた雰囲気で^^

そして、参考になる写真を見せていただいて、「後はお任せします」とのこと!
はい、私、ますます燃えますよ^^

ということで、先日完成し、お納めしました〜♪
こちら〜!!!!! (右端にお名前を入れているのでモザイクさせていただきました^^;)
なんてキュートなのかしら、、小悪魔的なかわいさだわ〜
「 ”おませな”猫さんの小物入れ♪ 」 の完成デス♪
DSC00123-1_convert_20150314161049

少しこちらの制作の様子もご報告させていただきますね〜
まず、大きなガラスをカットします〜♪
落ち着いたお色味とのことでしたので、少しスモーキーなブルーと綺麗な淡いグリーンを選びました。
色々な色の中から選べるのも、取扱い豊富なアメリカのブルズアイ社のガラスならではです。
ガラスの上に乗っている、ペンのようなものは、ガラス専用のカッターです。
そして、その横はカッターで傷をつけたガラス板を割ってカットする工具ですよ。
DSC00179_convert_20150314163216.jpg

そして、猫さんの毛並みの雰囲気を出すのに、ガラスが粉状になったパウダーガラスを使用します。
小物入れサイズにカットしたガラス板に、イメージを油性ペンで書いてから、
右側にある茶こしのようなシフターという道具を使って、粉砂糖をふりかけるようにふります。
目の位置などは、ちょっと違うだけで雰囲気が変わるので、慎重デス
DSC00003_convert_20150314160234.jpg

猫さんの毛並みの色や模様があるので、色を重ねてふりかけます。
そして、目の位置に、別焼きしたガラスパーツをのせます。
DSC00005_convert_20150314160256.jpg

パウダーガラスは色によって、量が少ないと全く色味がでないことがあります。
実際の猫さんは、ほっぺが赤らむことはないけれど、
照れたような感じにしたかったので、ほっぺのピンク色のパウダーを山盛りにしています^^
DSC00009_convert_20150314160311.jpg

小物入れの器の色を落ち着いた色にしたけれど、
やはり手にした時にきらっとヒカル部分が欲しいと思い、透明系のラインを入れたデザインにしました。
パフダーをふった土台とその部分を並べて、電気窯キルンさんで1回目の焼成をします。
手前の黒い棒が、炉内の温度を測る部分。八角形の内側の黒いコイルで高温焼成します。
DSC00021_convert_20150314160409.jpg

1回目の焼成スイッチオンから約11時間後〜♪
お〜いい感じで焼けとる〜^^
パウダーガラスをのせた写真よりも小さい感じしますね。
これは、白のパウダーガラスが、薄く乗っている部分は量が少なくて消えてしまうのです。
だから、どの部分にどれくらい乗せるのかという、パウダーの量はとっても重要なのです。
DSC00024_convert_20150314160519.jpg

次は、先程の土台に、お顔を入れて行きます。
Tさんに見てもらった「ごきげんナナメ皿」は金彩で入れていたのですが、
サンプルでいくつか作ったのですが、どうしても怖くなってしまったので、
ガラスをペースト状にしている、こちらのグラスラインを使用しました。
右端にあるペン先をボトルの先に射込み、クッキーのアイシングをするように書いて行きます。
まずは、油性ペンで下書きをしたところです。
DSC00037_convert_20150314160549.jpg

グラスラインは色のラインナップに限りがあり、イメージに無い色は色を混ぜて作り描いていきます。
ちょっとした位置やラインの太さによっても、雰囲気が変わります。
「ちょっと違うな〜」と思ったら、描いた線を拭き取って消し、納得するまで^^
そして、描き終わったら、自然乾燥させてから、焼き付ける為の2回目の焼成をします。
DSC00046-1_convert_20150314160622.jpg

そして、2回目の焼成スイッチオンから約11時間後♪
わお〜っつ!!!こっちを見てる〜!!!イメージ通りになりました〜♪やった〜!
焼きたて〜の、ほっかほか〜っ、出来たてぴっかぴかデス!
DSC00053_convert_20150314160639.jpg

それから、それから、、、、こちらに、猫さんのお名前を金彩で入れましたよ〜
猫さんのお名前は、個猫情報なのでお取扱は厳密に^^
文字のデザインも猫さんの雰囲気に合わせてみました^^
DSC00103-1_convert_20150314160705.jpg

そして、器状にする為に、電気窯キルンさんで3回目の焼成をして行きます。
板状のガラスが白い陶器に乗っているのわかりますか?
この白い陶器がモールドといって、器状にする為のものです。
炉内でガラスが熔けて、自重でモールドの曲線に沿うことで、器に形づくられるのです。
DSC00113-1_convert_20150314161021.jpg

3回目の焼成スイッチオンから約20時間後!!
遂に、「 ”おませな”猫さんの小物入れ♪ 」 完成なのであります!!!!!
ほっぺのピンクもいい感じ♪
ややおとなしい耳も雰囲気は出ているかな〜^^
DSC00123-1_convert_20150314161049

そして、ラッピングはこんな感じにしましたよ〜
贈り物として包みをあけた瞬間、女性はきゅんとしたいもの♪
喜んで頂けるかな〜ドキドキ^^デス!
DSC00128-1_convert_20150314161239.jpg

先日発送しましたよ〜
Tさんの「(プレゼントされる方に)喜んでいただきたいな〜」という想いに、
どうしても、なんとか、お応えしたい!!!
試行錯誤もしましたが、とっても楽しく制作させていただきました!
猫さんを愛おしく思っていらっしゃる雰囲気が少しでも出ているといいな〜。。

この場をお借りして、、、
改めまして、Tさん、オーダー制作をご依頼いただき
本当にありがとうございました!!!!

「 ”おませな”猫さんの小物入れ♪ 」 喜んでいただけたかな〜ドキドキデス。
ちょこっと幸せになっていただけたら嬉しいデス♪

最後までおつきあい下さり、
ありがとうございました!!!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント