09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

riisyuka

Author:riisyuka
riisyukaです。
ゆっくりしていってね!

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

初冬のおでかけ(鹿児島/霧島・桜島 & 兵庫/伊丹) ステキな出会い満載の旅②♪

2016.12.17 23:20|おでかけだもの
こんばんは riisyuka です♪

今朝は、霜柱が降りていました。
それはそれは大きくてたくましくて、朝日を受けて綺麗でした。

さて、前回に引き続き、
初冬のおでかけ(鹿児島/霧島・桜島 & 兵庫/伊丹) ステキな出会い満載の旅②♪
をお届けします^^

鹿児島2日目です。
桜島へ行きます!鹿児島港まで車で行き、そのままカーフェリーへ。
こんな感じのカーフェリーに乗って行きます。
なんと24時間営業なのです。
IMG_2799_convert_20161216140617.jpg

船内には、密かにファンが多いという、こちら♪ やぶ金^^
IMG_2741_convert_20161216135959.jpg

お魚のだしが効いたおつゆが美味しい!
優しいお味のおうどんでした〜 私たち以外にも結構食べている方がいました〜
IMG_2740_convert_20161216135949.jpg

うどんを食べたら、甲板へ
もう桜島は目の前です!すごい!!!
篤姫さまもご覧になったのよね〜^^きっと♪
IMG_2742_convert_20161216140010.jpg


そうこうしている間に、桜島に到着〜!
IMG_2798_convert_20161216140605.jpg

港からすぐの道の駅へ寄り道
火の島めぐみ館かあ〜、火山桜島と共に生きている感じが伝わってくるネーミングです。
IMG_2744_convert_20161216140035.jpg

どーん、桜島大根!葉っぱが大きい!
世界で一番大きい大根なんですって!!
IMG_2745_convert_20161216140047.jpg

こちらは、桜島小みかん!
世界で一番ちいさい(であろう?)みかんなんですって!
IMG_2746_convert_20161216140101.jpg

確かにちいさい!!分かるかな〜このミニサイズ 直径5センチ満たないのです。
鏡餅に飾りたい感じのかわいらしさです。桜島ならではのモノ^^
IMG_2747_convert_20161216140113.jpg

「午前中はね、大隅半島からみる桜島がきれいなんだよ」と姉。
え?今、桜島に来て、半島って、どういうこと??島なのではないの??
聞くと、鹿児島市内の反対側=霧島市がある方の大隅半島は
大正時代の大噴火で、桜島と一部陸続きになっていると。あら、知らなかった。。恥ずかしい、、
と、いうことで、大隅半島の黒酢壷畑 <桷志田 (かくいだ)>⇒()へ、、、
IMG_2749_convert_20161216140124.jpg

まさに、壷畑^^約2万壷あるそうです。
錦江湾からの海風と光を受けて、気持ちいい〜
黒酢を実際に作っている方にガイドをしていただきました。
IMG_2754_convert_20161216140135.jpg

「うちは、他社さんからびっくりされるぐらい、手をかけて作っているのですよ〜」
「有機玄米で仕込んでいますし、壷畑の雑草は、除草剤を使わず手で取っていますし、、
フルーツ酢なんて、いわゆるジュースで割っている所が多いですけれど、本当にフルーツに漬けてるんです。
本当に勤めていてもびっくりします。」と気さくにお話くださり、、
IMG_2757_convert_20161216140214.jpg

現在仕込んでいる黒酢を試飲させていただきました。
これは、1年もの。これでも十分黒酢
一般的には、6ヶ月ぐらいで市場に出すところも多いそうですが、こちらでは、まだ若い!
試飲してみると、かなり喉をつくような酸味です。
IMG_2756_convert_20161216140154.jpg

こちらは、5年もの。随分色も濃厚になり、酸味もまろやかになっていました。
「出来合いが壷個体別に違うのです。だから、ウィスキーみたいにブレンドするのですよ。
ブレンドの中で、一番若いものに合わせて○年ものと言っているんです。」
へえ〜、店内の商品展開やプロモーションの印象から、
失礼ながらとても商売上手な会社なのかと思っていたのですが、
とても実直で丁寧に育てられた黒酢なんだな〜と感じました。うん、是非食べたい!
IMG_2761_convert_20161216140227.jpg

すっかりこちらの黒酢で健康になりたいと思ってしまった私たちは、
併設の日本初という黒酢レストランへ、、、リーズナブルなランチコースもありました!
まずは、食前酢 生りんごの黒酢でカンパイ!
IMG_2763_convert_20161216140253.jpg

ベーコンとほうれん草のキッシュ ビスクソース
まさか、ここでこんなおしゃれな一皿がいただけるとはっ、、ソースも美味しい!
IMG_2762_convert_20161216140242.jpg

メインは選べましたよ〜
姉のメインは、黒豚の黒酢酢豚 美味しそうっつ!
IMG_2765_convert_20161216140316.jpg

私のメインは、黒豚軟骨の黒酢煮込み 柔らかくて美味しかった〜♪
IMG_2766_convert_20161216140330.jpg

他にも、壷畑の奥にあるという自家菜園の有機野菜サラダ(もちろん黒酢ドレッシング)や
黒酢が入ったコンソメスープなどなど、、、いろいろ楽しめます^^
野菜ソムリエさんも在籍しているそうで、レストランも力を入れている感じが伝わって来ます。
IMG_2764_convert_20161216140305.jpg

デザートは、生ブルーベリーの黒酢漬けのタルト
お料理にもどれにも黒酢が使われているそうですが、
酸っぱい訳ではなく、旨味が増しているような感じでした♪びっくり〜
黒酢ってこんなにバリエーションを持って使えるんだ〜 すっかり桷志田さん好きになりました。
IMG_2767_convert_20161216140350.jpg

桷志田 さんを後にして、、、
鹿児島垂水と言えば、、、幻の焼酎のひとつの<森伊蔵> 
看板が気になったので、入ってみましたが、、、
やはり蔵元直売でも即買える訳ではありませんでした^^;残念^^それはそうか^^
IMG_2768_convert_20161216140404.jpg

「ほら、見て〜すごいでしょ?」
お〜桜島、白煙が出とる!!!!生きてる!!!!火の島だ〜すごーい!
有村溶岩展望所からの眺めです。
IMG_2772_convert_20161216140421.jpg

桜島には降灰に備え、こんな防空壕のようなコンクリートの退避壕が随所にありました。
IMG_2780_convert_20161216140439.jpg

桜島一周している間に、桜島の白煙がたなびく美しいショットを何度も撮るができました。
IMG_2785_convert_20161216140517.jpg

こちらは、黒神埋没鳥居です。目を疑いたくなるところでした。
大正3年の桜島大噴火の時に、大量の火山灰や軽石で埋め尽くされて、鳥居がこのような状態に。
もともと3Mあったそう。「後世に噴火の記憶を残そう」とのことで、今も噴火直後の状態であるそうです。
想像をしていろいろな複雑な気持ちと、感謝の気持ちでお参りしました。
IMG_2790_convert_20161216140539.jpg

最後、桜島の山一番近い、湯之平展望所へ
桜島がより近く大きく感じられる場所で、最高に良い展望台からの眺めに
鹿児島に来てから出会ったいろいろなことに感謝して、しみじみしてしまいました。
IMG_2794_convert_20161216140552.jpg

桜島を満喫したので、再びフェリーで鹿児島湾へ戻ります♪
ん??姉、何を見てるの??
IMG_2800_convert_20161216140632.jpg

「午後はね、鹿児島湾側から見る桜島が綺麗なんだよ。
夕日を浴びて、赤く染まって、とってもきれいなんだよ〜」と姉。
ホントだ〜すごーい!でも、姉もスゴーい!ありがとね〜私も桜島好きになったよ〜
IMG_2801_convert_20161216140645.jpg

今度は車を置いて、鹿児島で通称「市電」と言われている路面電車で移動♪
ちょっとレトロでかわいいです^^目指すは、繁華街の天文館あたりで夜ごはん!
IMG_2806_convert_20161216140658.jpg

連れて行ってもらったのは、こちら〜♪<湯どうふ ごん兵衛>(⇒
勢い勇んで行ったものの、最初のれんをくぐった時は「満席です」と断られて、、
うえーん。。。私は姉夫婦から話を聞いて、昭和レトロで通なこのお店に行ってみたかったのです。
しばらく店先であれこれもじもじして、それでも諦めきれず、しらっと再度のれんをくぐったら、
「今出ますから、空きますよ〜」と教えてくださるお客さま^^ 感謝、感謝!!!
決して、追い出したわけでないですよ。本当です。
IMG_2813_convert_20161216140840.jpg

「ん??鹿児島で湯どうふ???」と思った方!侮る事なかれでございますよ!
大正7年創業で、なんと今年98年!長く愛されているお店なのです!
まあ、じっくりご覧下さい!店内は、コの字のカウンター席のみ
まずですね、サイドメニューの串焼きを注文します。
きびなごや、、
IMG_2808_convert_20161216140727.jpg

黒豚も^^
IMG_2807_convert_20161216140713.jpg

ここらで、焼酎を!!
「前割り」と言って、前日からあらかじめ割って一晩寝かせたものを燗にしたものを出してくれます。
そのほうが、まろやかな口当たりになるそうです。こだわってますねえ〜^^
IMG_2812_convert_20161216140826.jpg

いい感じになってきたところで、湯どうふを注文♪ほどなくして、来ました〜♪
カウンター席に設置されているコンロに火をつけていただきます!
これまで食べた湯どうふと違って、山芋、銀杏等等びっくり具沢山です。
IMG_2810_convert_20161216140757.jpg

海苔が入った特製ダレで、早速いただきま〜す!ふーむーっつ!!旨い!
酸味が強めではあるけれど、これクセになるというの分かる気がします!
「おたまはね、鍋の取っ手にこうやってひっかけるのが通なんだよ〜」と
カウンターのお隣の席の常連さんが教えて下さいました!
お隣さんとの会話もはずんで、これまた、たのし♪
IMG_2811_convert_20161216140811.jpg

「“がらんつ”っていう食べ物あるんだよ〜」と姉。なんだか得意げ^^
聞けば、「トビウオの干物」だそうで、最後に注文!
ん〜美味しい!こりゃ、お酒好きにはたまらない感じだな〜
みんな注文しているわけだ〜 がらんつの近くの豆は、茹で落花生。
鹿児島は落花生も有名らしく、お通しでいただきました。これも美味でした〜
IMG_2814_convert_20161216140855.jpg

いやはや満足〜と思っていたら、
先程のお隣さんが、「お隣で楽しかったわ〜!良かったら〜」と、声をかけてくれて、
ちょいと一杯、もう一軒♪立ち寄りました〜
ここでもまた、ステキな出会いがあり、
ほろよい気分で初鹿児島の夜を満喫しました〜
鹿児島の魅力をたくさん教えてくれた姉にも、心から感謝!ありがとう!!!!!

初鹿児島、お陰様で大満足♪♪♪いや〜楽しかった!!!
でも、まだまだ見たいもの、食べたいもの、体験したいものがいっぱい♪♪♪
鹿児島の魅力を、新しい感覚で引き出しているお店も多々あって、
それもまた、いいなあ〜と思いましたよ〜
そうそう、島津斉彬さまや西郷さんにもお目にかかっていないですしね!
こりゃ、また来なくっちゃ!

鹿児島は、思っていたよりも、ずっと近い!だって、羽田からたった2時間だもの。
LCCなら片道1万円でおつりが来るし、また是非行きたいです♪
みなさまにも、是非オススメですよ〜♪

次回は、鹿児島を出発し、飛行機で神戸に入り、
兵庫/伊丹を目指した旅をお届け予定です♪
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント