06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

riisyuka

Author:riisyuka
riisyukaです。
ゆっくりしていってね!

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

初冬のおでかけ(埼玉県/秩父) 秩父夜祭り(宵宮)行ってきました♪

2017.12.05 18:01|おでかけだもの
こんばんは、riisyuka です♪

息が白いんだもの、もう冬なのよね〜 さてさて、、
先日、秩父夜祭りに行ってきました〜♪少しばかりレポートさせていただきますね〜!

秩父夜祭りとは、、 ご存知の方も多いと思いますが、、
昨年、ユネスコ世界文化遺産に登録された、秩父の総社、秩父神社の例大祭。
京都の祇園祭、飛騨の高山祭とともに「日本三大曳山祭り」に数えられ、毎年、12月に開催。
300年以上の歴史があるお祭りです。 (詳しくは、、、→

兼ねてから興味はありましたが、
今年、ものすごく行きたくなって、3日の本祭の前の、宵宮に行ってきました♪

今回は、渋滞回避のため、電車でGO!
夜祭りだから〜とちょっとのんびりスタート♪
14時半頃、西武秩父駅到着〜♪駅前も人でいっぱいです^^
DSC01452-1_convert_20171204185531.jpg

絢爛豪華な屋台を見に行く前に、、、
秩父夜祭りの斎場である御旅所へ
DSC01458_convert_20171204185602.jpg

秩父夜祭りは、秩父神社のご祭神である妙見様(女神)と武甲山に鎮まる龍神様(男神様)との
年に一度の逢瀬の祭りとして語られていて、“冬版七夕伝説”とも呼べるものだそうです。
御旅所には、女神様の神使とされる亀が祀られていて、その伝説に重要な役割を担っているとのこと^^
最初にお参りしないとね^^
DSC01455_convert_20171204185628.jpg

では、早速屋台引き回し見物へ
県下一の歴史がある矢尾百貨店近くにやってきました。
お〜屋台が出てる〜!!賑わっています^^
DSC01471_convert_20171204185702.jpg

町内ごとに屋台があり、町内ごとに揃いの半被や着物があり、いいね〜
こういうところに使われている図案や色も、日本の独特な感じが面白いな〜
DSC01473_convert_20171204185724.jpg

屋台を間近でじっくり見れるのも、宵宮ならでは^^
すごい^^立派だし、とても美しいです^^これを維持するのもとても大変そう!
DSC01467_convert_20171204190235.jpg

日本刺繍では、鯉の滝登りをこんな風に表現するのですね〜^^
屋台が動くと、また躍動感が出るのかしら^^すごいな〜
DSC01510_convert_20171204185928.jpg

屋台の舞台では、小さなお子様が、お囃子に合わせて、歌舞伎を演じていました。
いっぱい練習したんだろうな〜^^ガンバレ!!
こうやって、300年の歴史がまた紡がれていくのだな〜
DSC01518_convert_20171204185953.jpg

間近で見る屋台に感激していたら、やや、お腹が減りました^^;
途中で見つけた、懐かしい感じのたい焼き屋さんに並んでいると、、、
DSC01502_convert_20171204185847.jpg

「これから、上町と本町の屋台のすれ違いがあるよ」と教えてもらいました。
屋台のすれ違いは、宵宮でしか見られないものです。しかも、なんと、ちょうど目の前で、すれ違い♪
大迫力!!!写真右手の本町の屋台の先頭の囃子手さん
扇子を持つ手を思いっきり伸ばし、大きなかけ声ですれ違いの場を盛り上げます!
DSC01495_convert_20171204185745.jpg

そして、それに応えるように、
左手の上町屋台の囃子手さんも、大きなかけ声を!!!
DSC01496_convert_20171204185802.jpg

あっ、よく見たら、上町の囃子手さん、感涙してるっつ!!!!!
秩父夜祭りの囃子手さんは、一生に一回しか出来ないそうです。
そんな姿を見ていたら、うわ〜っと込み上げるものがきて、感動っつ!!!!!
壮大な屋台の、でも、目に見えない祭りの気持ちの高鳴り、私も感涙です!
これが、300年もの間、人が変わっても、時代が変わっても、ずっとずっと続いていたのか。。
DSC01499_convert_20171204185826.jpg

お互いの盛大な囃子を讃えるように、すれ違い〜
ほかほかのたい焼きを手に、しばらく、目の前で起こった事にじわ〜んと感動していました^^
左の本町の屋台幕の達磨が夕日を受けてより光っています!
すごかったな〜いいものを見せてもらった!
DSC01501_convert_20171204190052.jpg

次の屋台の引き回しは、18時からなので、ちょっと早めのゴハンタイムにすることにしました。
先ほどの亀の子石の御旅所へ続く団子坂近くのお店「珍逹そば→★
どうやら有名店らしく行列^^; でも、なんとなく美味しそうだったので、我々も^^
DSC01522_convert_20171204190522.jpg

並んで15分ほどで店内に入れました!そして、ど〜んっ!名物珍逹そば!
土からこだわって栽培されたおネギたっぷり、細麺もまたいい感じ!並んだ甲斐があった!
熱々スープも香りよく、と〜っても美味しかったです!あ〜また食べたい!
DSC01523_convert_20171204190540.jpg

おネギたっぷり熱々スープの珍逹そばで、体も温まりましたので、しばし散策です^^
すると、「せっかくなら、本妻さんにお参りして行ったら?」と地元らしきおじさまに声かけられました。「??」
そこが、こちら!お諏訪さまです! おじさま曰く、、、
先ほど、秩父夜祭りは、女神様と男神様の“冬版七夕伝説”と書きましたが、
女神様あくまでお妾で、「本妻はお諏訪さま!!!!!」なのだそう。
賑やかな夜祭りでもこのお社の近くは、本妻の嫉妬を防ぐ為にお囃子は止めて通るのだとか^^ そうなのですね〜
DSC01525_convert_20171204190602.jpg

本妻さんへのご挨拶後、秩父神社方面へ進むと、、、「絹市〜ちちぶめいせんマルシェ」なるものが、、
秩父といえば、かつて養蚕業が盛んで、秩父銘仙でも有名ですね!
秩父夜祭りは、別名「お蚕祭り」とも言われており、
江戸中期、秩父神社の大祭(=秩父夜祭り)に、絹織物の市「絹大市」(きぬのたかまち)が立ち、
遠方から来た商人たちとの取引がなされ、彼らをもてなすという側面もあったそうです。
近年、その歴史を踏まえ、「絹市」が復活されたとのこと!→★ これは楽しそう!と足取りも軽く♪

写真は、「ツグミ工芸舎・百果店ひぐらしストア」さん(→★))
アンティーク秩父銘仙を使用した、センスの良いリメイクワンピースやスカートなどあり素敵でした!
写真はないのですが、他に、秩父市内で眠っていたという秩父銘仙展示会場や販売スペースもあり、
その色使いやデザインは、着物女子ならうっとりのレトロモダン!
また、売り場の若いお姉さま方も、とってもお洒落に着物を着こなしていらして、素敵〜♪
こんな楽しい市が立ってるなら、もっと着物が見れる明るい時間に来てもよかったな〜♪
DSC01526_convert_20171204190621.jpg

一本路地を入ると、今度は「秩父うまいもん市」の道になっていました。
秩父のしゃくし菜の漬物、私たち夫婦共々好きでして、、、
「なぬ?しゃくし菜ピッツアと?」これは、注文せねば!
DSC01528_convert_20171204190652.jpg

焼きたてです〜っつ!はふはふ、うま〜い!しゃくし菜いい仕事しています!
こちらで、ホットワインも注文しましたが、これもちゃんと美味しかったです♪
DSC01530_convert_20171204190710.jpg

気がつけば、もう辺りはすっかり暗くなりました!
再び、屋台引き回しルートへ移動!お〜夜祭りじゃ〜♪
DSC01535_convert_20171204190732.jpg

提灯に灯がともり、昼間の屋台とはまた違ってかっこいい!
DSC01538_convert_20171204190753.jpg

秩父の夜の寒さを忘れるかのように、
より威勢よく、囃子手さんのかけ声も、秩父屋台お囃子の音色も、熱い〜^^
そして、尚驚いたのが、屋台を引いているのが、10〜20代ぐらいの若い女の子だったこと。
しかも、イケイケメイクのいまどき女子で、半被を粋に着こなし楽しそうなのが、また良し!
彼女たちにとっても、きっとこのお祭りは「誇り」なのですね〜 それ、かっこいいよ〜!
DSC01541_convert_20171204190810.jpg

提灯のろうそくの火がちらちらと、でもそれがまた美しく屋台と人々を照らして^^
夜祭りって、綺麗だな〜 この後、すいとん汁、味噌こんにゃくに地酒ワンカップにも舌つづみ^^
DSC01543_convert_20171204190838.jpg

翌日の本祭では、冬の夜空に咲く花火も見どころのようですが、
今回その前日の宵宮は、気持ちちょっと上げてくれている感じ^^これもよし!
ありがたく見せてもらい、満員電車回避で19時過ぎには西武秩父駅を出ました。
DSC01546_convert_20171204190858.jpg

思い立ったら、吉日! 的に行った、今回の秩父夜祭り(宵宮)♪
滞在時間4時間半ほどでしたが、
見どころ満載、いろんなことに心が動いた充実の時間でした!
いや〜楽しかった!!!!

秩父のみなさん、感動を本当にありがとうございました!
また、思い立って行きたいな〜と思います!

レポート、お付き合いくださり、ありがとうございました♪
関連記事
スポンサーサイト

コメント

思い立ったら旅行、ずいぶん楽しめたようですね!何度か秩父に行きましたが、知らないことばかりでした…
しゃくし菜、私もおいしくいただきました。漬け物なのに、やさしい味が良かったです。そのままの他、鳥モモ肉と炒めても合いました!肉団子に刻んで入れたり、スープにも入れたり、たっぷり楽しみました!その節は、ありがとうございました!

ありがとう^^♪

aneさま、コメントありがとうございます♪
私も車やバイクなどで何度か訪れていた秩父ですが、今回初めて知ることばかり!
機会があったら、秩父夜祭りオススメですよ^

しゃくし菜漬け喜んでいただけた様子で良かった^^
いろんな楽しみ方されたのね〜それこそ知らないことばかり^^
私も今度試してみたいなと思います!教えてくれてありがとう!!
非公開コメント